ハンドメイド 縫い代の始末

2013年5月 8日 (水)

折り伏せ縫い~縫い代の始末~☆

Wガーゼの一重巻きのスヌードのつなぎ合わせた縫い代は、

袋縫いにしましたが、

今回の二重巻きできるスヌードは、折り伏せ縫いをして作りました。

折り伏せ縫いも、布がほつれやすい布や、

薄手の布の縫い代の始末です。

折り伏せ縫いは、縫い代の片方を短くして、もう一方の縫い代でくるみ、

端ミシンで押さえます。

Line01


★折り伏せ縫いの仕方

(1)布を、中表にして、できあがりに縫います。

Orihusenui1

(2)片方の縫い代を短くカットします。

Orifusenui2


(3)長いほうの縫い代で、短いほうの縫い代をくるみます。

Orifusenui3_3

(4)縫い代を倒します。(縫い代の端が見えない様に)

Orifusenui4_2

(4)アイロンできれいに折りをつけ、端をミシンで縫いとめます。

Orifusenui5

Line01_2

縫い代の両端が見えないので、

裏側から見ても、きれいです。

ロックミシンやジグザグミシンがほどけやすい粗い布や

薄手の布向きになります。

Line01_3

折り伏せ縫いの弱点は、

倒した縫い代をミシンで押さえたので、

縫い目の他にミシン線が表側にできることです。

洋服で考えた場合、後ろ身頃の背部分には、ミシンで押さえたのがあります。

が、脇縫いとかは、ちょっと~ミシン線ない方がいいですよね。

Line01_5

二重巻きできるスヌードを作りましたが、

簡略折り伏せ縫いにしました。

(1)縫い代はスヌードのため、アバウトでいい(?)ので、

縫い代はずらして、できあがりに縫いました。

(2)長い縫い代の方は、布の耳を利用し、

くるむことなく、倒して、ミシンで縫いとめました。

と、手を抜いています~。

Line01_6

思い出しました。折り伏せ縫い。

aiちゃんのオシメを縫うのに、

輪に縫って、縫い代が見えないし、ほつれないので、折り伏せ縫いにしました。

布のおむつは存在しないのかと思って、検索したら、

最近でも作っている方もおられました~♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ランキングに参加しています。

よかったら、応援してくださいね♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年5月 6日 (月)

袋縫い ~縫い代の始末~☆

Wガーゼのスヌードは、縫い合わせた時の、

縫い代の始末を、袋縫いにしました。

袋縫いと言うのは、

縫い代の端を、縫い代で包んでしまい、縫い代の端が見えなくなります。

・普通に縫った場合

Nuishiro1

・袋縫いに縫った場合

Nuishiro2_2

Wガーゼはロックミシンだと、縫い代がほつれてきて、ロックミシンがほどけてきます。

袋縫いは、夏物の薄手の布など、

布目が粗く、ほつれやすい生地などにします。

袋縫いの縫い方は、簡単です。

(1)布を外表に合わせて、端から約3ミリのところへ、ミシンをかけます。

Fukuronui1

(2)縫い目にアイロンをかけ、裏返しします。

Fukuronui2a

(3)端から、約7ミリのところへ、ミシンをかけます。

Fukuronui2

これで、縫い代の端が、くるまれて、見えなくなりました。

これから、夏生地の出番です。

目の粗い布や薄手の布の縫い代の始末に参考にしてくださいね~☆

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ランキングに参加しています。

よかったら、応援してくださいね♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|