ハンドメイド ステッチ

2013年6月 6日 (木)

コバステッチ(端ミシン)~☆

ハンドメイドのコバステッチは、私はたいてい端ミシンと言ってます。

バッグの持ち手の場合だと、

布を縫い合わせた際に、アイロンをかけ平らにしますが、

表から、両端にステッチをかけて、縫い代を落ち着かせます。

このステッチのミシンをかけないと、

バッグの持ち手は、端が膨らんだ感じで、洗濯後には、ねじれて型崩れしてきます。

コバステッチのやり方は、

布の端から、約2ミリぐらいでミシンをかけます。

Stitch_2

端から約2ミリの目見当で縫ってますが、

縫い物はじめ頃は広かったと思います。

縫物はじめは、もっぱらスカートで、たまにブラウスやシャツ。

襟付きだと、襟の端に細く端ミシンをかけないといけないし、

袖口のカフスも。

その頃は、ドレスメーキングも装苑も健在で、確かで適切な教え方の本でした。

その中で紹介されていたのが、ミシンのアタッチメント 2ミリ押さえ。

ミシンには付属してなかったので購入しました。

Stitchb

購入したのは、ねじ式です。

ミシンの押え金のある支えの棒が、ミシン本体にねじでとまっているのには、使用できました。

今は、他のがあるかと楽天で見てみましたが、同じようでした。

この商品ページの右の方に、この押え金の適合と不適合の図と説明がありました。

ミシンも色々種類があるので、レビューも参考になりますね。

これを使っているうちに、何となく押え金なしでも縫えるような、体得できたように思います。

ミシンも数をこなす~でしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ランキングに参加しています。よかったら、応援してくださいね♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|