ハンドメイド ミシンの縫い方

2013年6月29日 (土)

コースターの角の段差の縫い始め~バックオーライ~☆

コースターの作り方を見ていただいた方から、

角の端ミシンの縫い始めががうまく縫えないので、と、メールをもらいました。

ネットで調べてみると、最近のミシンは、縫い始めもスムーズにできるようになっているみたいです。

私のミシンは、縫い始めはスムーズに縫える時と、縫えない時があります。

生地や縫い代の厚みが関係してるのかなと思ったりしてます。

Line01

コースターの角は、写真のような進行方向で、普通は縫って行きます。

Mishin01a

が、段差があると、布送りがスムーズにできなくなります。

Mishin01b

そんな時は、私は、返し縫いの機能を使います。

・角まで縫ったら、ミシン針は布にさしたまま、押え金をあげて、布を反対方向に向けます。

Mishin01c

・この状態で、手押しでミシンを動かして、3目か4目返し縫いを使って、逆に縫います。

・縫ったら、布にミシン針をさしたままで、押え金をあげて、布を進行方向に向けて、普通に縫います。

Mishin01d

Line01_4

段差のある縫い始めには、同じ厚みの布を置くのが良いと、

ドレスメーキングや装苑に書いてありましたが、

うまくいく場合といかない時が合ったような気がします。

最近は、糸が詰まったらこの方法で縫ってます。

返し縫いは、手押しを押して進ませています。

自動だと、布や縫い代の厚みで、まっすぐ進まない場合があったので。

(写真は、進行方向をお知らせする為に載せていますので、ミシン糸とか気にしないでくださいね。)

メールをいただいた方の、お使いのミシンの機能性は分かりませんが、こんな風にして縫ってます~☆

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ランキングに参加しています。よかったら、応援してくださいね♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2013年2月20日 (水)

簡単!きれいなバッグの底のマチ(三角マチ)の縫い方~両脇縫い代開かない時~

少し前に、バッグの底の縫い方を紹介しましたが、

両脇の縫い代が開く場合でした。

Line01

今回は、両脇や底の縫い代を二枚一緒に、

ロックミシンやジグザグミシンで始末した場合です。

Soko3a

Line01_4
この場合も、前と同じに、両脇を縫ってから、

脇線を真ん中に来るように左右の布を広げて、

底のマチの長さを縫います。

注意することは、縫い代の倒し方です。

全体を見て、縫い代がねじれない様にします。

Line01_5


脇線の方から、底の三角を見ると、

縫い代の向きが反対になります。

Soko3b

Soko3c_2

Line01_6

この縫い代が倒れている向きは、

バッグの入れ口の始末をする時も、ねじれてないか確認します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ランキングに参加しています。

よかったら、応援してくださいね♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年2月 9日 (土)

簡単☆きれいなバッグの底のマチ(三角マチ)の縫い方☆

レッスンバッグや手提げ袋、お弁当袋などのバッグの底のマチの縫い方です。

入園・入学グッズの準備で、

初めてレッスンバッグやお弁当袋を作ろうとして、

底のマチって何?と思われるお母さんにも、分かりやすいと思います。

Line01
めいびおばちゃんの手作り雑貨では、底のマチ(三角マチ)を6cmとる時は、

下のように現しています。

Soko1c

今回の説明も、底マチ6cmで書いていきます。

【底のマチの縫い方 1  】

(1)布を裁断したら、布の裏側に、

底の線を引くか、二つ折りにしてアイロンで、底の線を付けます。

※線を引く場合は、真ん中辺は不要です。

Soko1_2

)2)底の線に、できあがり線の端から3cmのところへ印を付けます。

底の線と交わった点の印をAとします。

Soko1b2


(3)両脇を縫います。

(4)脇の縫い代を、アイロンをかけてわります。

(5)脇線を真ん中にくるように、左右の布を広げます。

Soko2b

(6)三角になった頂点から、脇線にそって、3cm下に、待ち針を突き刺します。

Soko2c


(7)さした待ち針は、印を付けた底の印Aと合わせます。

※写真では見えにくいと思って、

印付けは、チョークで太く書いてます。

Soko2d_2

(8)待ち針は、底の線にそって、脇線の上に出します。

Soko02d2

(9)先ほど、待ち針をさした、

三角の頂点から、脇線にそって、3cmのところで、

脇線に対して直角になる線を引きます。

ちゃんと、直角だと、脇の線をはさんで、左右の長さは3cmになります。

Soko2e

上の形を表しているのが、先に書いた下図です。

Soko1c

Soko2f_2

(10)引いた線の上をミシンで縫ったら、底のマチが縫えました。

表に返します。

Soko2g

Line01_2

前回、底を縫い合わせたレッスンバッグを作りましたが、

綺麗に縫えると、

脇線と底の線がそろいます。

Soko2h

Line01_3

底の三角部分ですが、そのまま残しておいてもいいです。

ただ、裏地を付けたりして、底の重なりが気になるようでしたら、

カットします。

<カットした底の三角>

Soko2i

Line01_4

【底のマチの縫い方 2  】

なお、バッグの作り方の製図で、下記のような製図があります。

Soko1d_3

こちらの縫い方を書いてみます。

(1) 両脇 aとa .bとbを中表に縫い合わせます。

Soko1e_2

(2)脇線を真ん中に来るように、左右に布を広げます。

(3)脇線の中央と、底の中央を合わせて、待ち針でとめます。

(4)できあがり線を縫って、底のマチが縫えました。

Line01_5

この縫い方は、<カットした底の三角>を広げた製図で、

三角の頂点をカットしていて、

縫い方ははじめの縫い方と同じになります。

Line01_6


【底のマチの縫い方 1  】と【底のマチの縫い方 2  】の製図を重ね合わせると、下記のようになります。

Soko1f

Line01_7

底の製図で、

Soko1c

と表示されているのは、下のようになります。

Soko1g

Line01_8

底のマチをとる時の長さを、xcmとすると、

xcmの半分の x/2cmの長さを当てはめていきます。

Soko1h

 

Line01_9

長くなりましたが、

はじめに底に、底のマチの半分の長さの印付けをして、

脇線と合わすと、

底のマチが簡単にきれいに縫えます。

参考にしてくださいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ランキングに参加しています。

よかったら、応援してくださいね♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

その他のカテゴリー

おばちゃんのEダンスアカデミー | ハンドメイド ステッチ | ハンドメイド バッグの底周りと縫い合わせる本体の長さ | ハンドメイド ポケットの作り方 | ハンドメイド ミシンの縫い方 | ハンドメイド 作り方 | ハンドメイド 布のとじ方 | ハンドメイド 布の褪色 | ハンドメイド 布地 | ハンドメイド 柄合わせと裁断 | ハンドメイド 縫い代の始末 | 手作り | 手作り・布(お買い得・人気布の紹介) | 手作り(お弁当袋) | 手作り(がま口) | 手作り(ひも結び) | 手作り(インテリア) | 手作り(エコバッグ) | 手作り(カードケース・通帳ケース) | 手作り(コースター) | 手作り(シュシュ・髪飾り) | 手作り(ショルダーバッグ) | 手作り(ティシュケース・ポケットティシュケース) | 手作り(ペットボトルケース) | 手作り(ポシェット) | 手作り(ポーチ) | 手作り(ランチバッグ) | 手作り(リメイク) | 手作り(レッスンバッグ) | 手作り(保育園用小物) | 手作り(大人バッグ) | 手作り(大人洋服) | 手作り(大人用マフラー・スヌード) | 手作り(大人用・子供用マスク) | 手作り(子供バッグ) | 手作り(子供用エプロン) | 手作り(子供用スカート) | 手作り(子供用マフラー・スヌード) | 手作り(学校小物) | 手作り(移動ポケット) | 手作り(鍋つかみ・鍋敷き) | 手編み かぎ針編み | 日記・コラム・つぶやき | 簿記